日本共産党,遠藤いく子,オフィシャルサイト,いつも一生懸命

遠藤いく子のプロフィール

政党名
日本共産党
選挙区
仙台市青葉区
事務所
〒 980-8570
仙台市青葉区本町3-8-1
宮城県議会 日本共産党県議団控室
〒 989-3126
仙台市青葉区落合4-1-16 遠藤いく子事務所
誕生日
1948年11月23日
血液型
AB型
出身地
宮城県亘理町

略 歴

  • 1967年   宮城県第二女子高等学校卒
  • 1969年   東北大学消費生活協同組合退職
  • 1972年まで 日本民主青年同盟宮城県委員会県常任委員
  • 1986年まで 新日本婦人の会宮城県本部事務局長
  • 1986年   国政選挙(参院選)に初挑戦   以来通算7回立候補
  • 2007年   宮城県議会議員に初当選
  • 2011年   2期目の当選

私の政策

  • 東日本大震災からの復興は何よりも「人間の復興」をめざします
  • 宮城の地で生きるひとびとの安心のために、福祉の向上と農林水産を土台にした県政をめざします
  • 命をつなぐ人類の歴史、私がバトンを渡す青年たちが輝く社会をつくります
  • 平和と民主主義をあらゆる活動の土台に据えて、戦争に反対し秘密保護法の廃止をめざします
  • 原発ゼロ

主な活動

県議として

  • 保健福祉委員会 4年
  • 文教警察委員会 2年
  • 環境生活農林水産委員会 2年

市民運動

  • 核兵器廃絶と使用禁止を求める運動
  • 日本国憲法を守り生かす運動
  • 男女平等と女性の地位向上
  • その他

私はこんな人

Question
趣味は?
Answer
表現者としての活動

詩作・朗読・歌唱・映画や音楽の鑑賞

Question
座右の銘は?
Answer
社会の進歩をすすめる人間の力を信じて生きる
Question
入党した理由は
Answer
貧しかった少女時代、まっすぐで温かい人々に出会い日本共産党の人たちと知って、その目指す方向と役割に深く共鳴しました。
社会に働きかけ自らも主体的に生きようと日本共産党を選びました。
Question
議員をめざす理由とは?
Answer
社会を良くして、みんなが幸せになる道を開くため、政策決定の場に参加すること。
Question
私のエピソード
Answer
戦争をしてはならない、それが私のすべての原点です。

私の母は、終戦の年の東京大空襲を体験してようやく助かりました。
母から聞いた空襲の様子、逃げるときの恐ろしさ、亡くなった人の体を踏みながら逃げたことなどを聞いたことが、戦争の悲惨さとともになぜ日本は戦争に至ったのかその歴史を考えるきっかけになりました。
空襲の様子が自分の実体験のように感じられ、うなされるほど強い印象でした。
戦争をしてはならない、それが私のすべての原点です。

お問い合わせ

県政に関するご意見、くらしの相談など、お気軽にご連絡ください

電話でのお問い合わせ 日本共産党県議団控室
022-211-3523
FAXでのお問い合わせ 日本共産党県議団控室
022-268-6093
電話・FAXでのお問い合わせ 遠藤いく子事務所
022-392-8905

Copyright © 2015 遠藤 いく子 All Rights Reserved.